Tapで繋ぐ”はま・なか・あいづ”



各地域の方々とオリジナルのリズムを作り、"福島マーチ"で大きな"輪"を創ります!

2013年からはじまり今年で7年目を迎えました。
一歩一歩しっかりと根を張り、大きな輪になるように!
プロジェクトを支えてくださるサポーターも募集中です!詳しくはお問い合わせください。




aizu

2015年より公益財団法人会津若松文化振興財団会津風雅堂主催事業”タップダンス体験講座”をスタート。6日間の参加者数合計97名。2016年北会津アウトリーチ公演を開催。体験講座参加者37名。公演参加者13名。2017年、2018年、2019年「住民参加型公演」を開催。第1弾公演参加者22名、第2弾公演参加者は33名(病気等の理由により最終参加者29名)第3弾公演参加者は33名(病気等の理由により最終参加者30名)



naka

2013年タップダンスチームVoice of Fukushimaを発足。県内でライブ活動を行う。2014年12月自主企画公演Hoofer’s clubを実施。その他ワークショップやミニライブ活動を行う。2018年から白河文化交流館コミネス主催にてアウトリーチライブ、アウトリーチワークショップ、公演参加者のワークショップ2回を経て10月6日に本公演を実施。公演参加者15名。2019年白河まちなか国際音楽ウィーク2019にて、ワークショップの他、ドラマー御木惇史と共にりrhythm art projectとして出演。

hama


2013年より文化芸術による子どもの育成事業にて小学校訪問。アウトリーチワークショップやライブを実施。



Project member


Fukushima Tap Project 
會津 支部長 秋山善紀
私がタップダンスを始めたきっかけは、中山さんのタップを観たことでした。私はストリートダンスを始めて20年近くになるのですが、中山さんのタップを観たときに、「気持ちや感情をこんなにストレートに表現できるダンスがあったんだ」と感動しました。
4年前に会津での住民参加型のタップダンス公演企画に参加したのですが、そのときに驚いたことが、毎年とても多くの老若男女の方が参加してくれるということでした。
タップダンスを学ぶなかで、タップは黒人奴隷制度の時代に、抑圧された感情の表現方法として生まれたものだということを知りました。
会津の歴史や会津人の気質にどこか共通するものがあるのではないかと感じ、多くの方が会津の公演企画に参加してくれることも納得できました。
中山さんの「福島にタップを根付かせたい」という気持ちに共感し、会津人である自分もその力になりたいと思っています。